最近は誰でも気軽にブログを始められるようになった


SEO対策もなしにブログでお金を稼ぐことは不可能に近い

人を集める仕組みとしてのSEO(SearchEngineOptimization:検索エンジン最適化)が存在するわけですが、ここで必要となるのは、そうやって検索サイト経由で集まってきた閲覧者を、どのようにして固定読者、あるいは顧客にするか、ということです。これは「格安、激安、バーゲン、安売り、割引、卸、クーポン、プレゼント、ギフト、価格、無料、比較、見積もり、販売、通信販売、通販、専門店」などの単語を設定して呼び込んだ閲覧者にマッチしたサイト構成を作らなければ、結果としてSEO対策をしても売り上げ面で不発に終わってしまう、ということになります。

これではSEO対策を実施する意味がありません。また、SEOがいわば「攻め」の集客であるのに対して、閲覧者が購買に結びつくための受け口はもっと手近なところにあります。開設しているサイトの見せ方や文体、サイト開設者の人格を想像させるような表現など、さまざまな要素が組み合わさってインターネット上での売り上げになっていくのです。ユーザーは、必ずしも目的とする単語を決め打ちで検索するわけではありません。たいてい、友人の間で話題になっている単語や、テレビなどで見た商品名などをじかに検索することになります。

しかし、これらのSEO対策を施すまでもない単語で検索された場合に集客効果を高めるには、一般的なSEO対策とは違った方法論が必要となるのです。1つが、昨今急激に普及しているブログなどに標準的に組み込まれているRSS(RichSiteSummary)という機能を使ってサイトの一部を構築することです。これはプロバイダなどが提供している無料ブログなどを利用してもかまいませんし、余裕があればそれぞれの商品画面ごとにRSSを設定することもできます。
検索エンジンの上位に表示される事は、広告を出す以上の効果があると現在言われており、SEOサービスを行う会社も多数出来ています。また最近では書籍の販売も相次いでおり、今後ますます盛んになって行く事でしょう。


まずは人を集め読んでもらうことを目標に、あわよくば広告をクリックしてもらうという程度に考えたほうが良いかもしれません。また、ブログに限らずサイト全般では、サイトを訪れる人を最大化する際に念頭に置かれやすい概念は以下の通りです。1.検索サイトなどからの初見の訪問者が増える。2.その数%がサイトの内容に関心を持つ。3.関心を持ったユーザーがサイトをブックマークに入れる。

4.一定の頻度でそのサイトを再度訪問する。5.定期訪問者となった閲覧者がサイトで商品を購入する。閲覧者の動員が伸びるサイト、伸びないサイトの分かれ目は1と2に特徴的に表れます。SEO対策などを施し確実に検索サイト経由での動員を増やす一方、一度獲得した動員を定期訪問客にするためにサイトの中身を充実させるという当たり前の結論になります。

新着記事
2013/09/16 Recommendを更新しました。
2013/09/12 新着記事を更新しました。
2013/09/11 夢のない現実を更新しました。
2013/09/08 ブログでお金を稼ぐ方法を更新しました。
2013/09/06 固定客の確保を更新しました。
2013/09/04 RSSが有利な理由を更新しました。
2013/09/03 SEO対策もなしにブログでお金を稼ぐことは不可能に近いを更新しました。
2013/08/31 ホームページをリニューアルしました。

他サイト紹介
業界初のSEO対策【ワンコインSEO公式サイト】高品質×低価格のSEO対策サービス ハイバリューSEOSEOTOOLS
1日100円(月額3000円)でSEO対策をしてくれる企業のホームページです。ハイバリューSEOは、低価格で検索順位をグッとあげる効果的なサービスをご提供します。SEOTOOLSは、SEO対策に有効な情報や無料の対策ツールを提供しています。